News

キャンペーン

キャンペーン

rakumo キンタイ キャンペーン【第1弾】
「rakumo キンタイ移行キャンペーン」のお知らせ

rakumo株式会社は、働き方改革関連法に対応し、より勤怠管理を充実させたrakumo キンタイの新規リリース伴い、複数のキャンペーンを計画しています。

まず第1弾として、rakumo タイムレコーダー、および、同製品を含んだパック(スタンダードパック、ワークフローパック)をご契約中のお客様を対象に「rakumo キンタイ 移行キャンペーン」を実施します。現在ご利用中のお客様におかれましては、是非この機会に移行をご検討ください。

【キャンペーン概要】

対象者
2019年7月1日時点で下記商品をご契約いただいているお客様
(A) rakumo タイムレコーダー (100円/1ユーザー/月額)
(B) スタンダードパック (250円/1ユーザー/月額)
(C) ワークフローパック (400円/1ユーザー/月額)
キャンペーン受付期間
2019年7月1日 ~ 2020年6月30日
キャンペーン内容
・次回、契約更新時に特別価格でrakumo キンタイ に移行ができます。
・契約更新時までは、rakumo キンタイ を無償でトライアルいただけます。
対象者別の特別価格条件について ※rakumo キンタイ通常料金(300円/1ユーザー/月額)
① 2019年7月1日時点でご契約のユーザー数と同数分の移行の場合
(A) のお客様 : 100円/1ユーザー/月額
現在のご契約内容
移行後のご契約内容
(B) のお客様 : 360円/1ユーザー/月額
現在のご契約内容
移行後のご契約内容
(C) のお客様 : 540円/1ユーザー/月額
現在のご契約内容
移行後のご契約内容
② 2019年7月1日時点のご契約ユーザー数以上を追加する場合
(A) のお客様 : 100円/1ユーザー/月額
(B) のお客様 : 180円/1ユーザー/月額
(C) のお客様 : 180円/1ユーザー/月額
その他留意事項
・期間中にrakumo キンタイに更新いただけない場合には、現在の契約をrakumo タイムレコーダーを除く内容にご変更いただく必要があります。ご変更後の契約金額については、個別にキャンペーン相談窓口までお問い合わせください。
・キャンペーン終了後に、rakumo キンタイをご契約いただく場合には、上記のキャンペーン価格は適用されません。
キャンペーン受付窓口
sales@rakumo.com宛にメールでご連絡、もしくは 貴社担当の販売代理店様 までご相談ください。

■ rakumo キンタイの特徴

  • 個々人の勤怠情報の一元管理と見える化
  • 働きやすさにつながる各種機能(多様な勤務形態対応、アラート機能、ダッシュボード機能 等)
  • G Suite を拡張し、rakumoシリーズ利用者の更なる利便性向上

詳しくは、弊社サイトの rakumo キンタイ の情報をご確認ください。

■ rakumo シリーズについて

rakumoシリーズは、「仕事をラクに。オモシロく。」をコンセプトに、オフィスの生産性を向上させるクラウド拡張製品です。現在G Suite™ 版rakumoシリーズは 、1600社以上、66万ユーザー以上のお客様にご利用いただいております。

【G Suite™ 版】

  • rakumo キンタイ(勤怠管理) ※2019年7月1日リリース
  • rakumo カレンダー(グループカレンダー)
  • rakumo コンタクト(共有アドレス帳)
  • rakumo ワークフロー(電子稟議システム)
  • rakumo ボード(社内掲示板)
  • rakumo ケイヒ(経費精算)
  • rakumo タイムレコーダー(電子タイムカード)※2019.7より販売停止

本件に関するお問いw合わせ

rakumo 株式会社
マーケティング部 鈴木 一弘
E-mail
marketing@rakumo.com
URL
https://rakumo.com/
  • ※ Google、および G Suite™ は、Google Inc.の登録商標または商標です。
  • ※ 本リリースに記載されている会社名/製品名/サービス名は、当社または各社/各団体の商標もしくは登録商標です。
  • ※ リリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。

Latest News

お知らせ/リリース/イベント/セミナー/メディア掲載/キャンペーン

careers

私達と一緒に働きませんか?

rakumo のミッションは、日本のホワイトカラーの生産性を向上することにあります。でもそれだけじゃなくて、「楽しさ」もふりかけたいな、と考えています。

「おもしろきなき世をいかにオモシロく」なんて誰かの言葉をいじって使いますが、ほんと、そうしたいんですよね。ご一緒しませんか。楽しくやりましょう。